So-net無料ブログ作成
クリニックさがし ブログトップ

クリニックを決めた! [クリニックさがし]

自分の年齢を考えると、転院することは時間的に無理があるため
1つのクリニックのみ選ばなくてはという焦り

あと1件、大阪でも有名なクリニックにも相談してから決断したかった
先週末に電話で確認したところ、なんとお盆明けまで予約がいっぱい!
とりいぞぎ、8月20日に予約を確保しておきました
1周期を無駄に過ごすことになってしまうのではと不安に…

3件目のクリニックを出てから、ダメもとで電話をかけて
45歳という年齢を説明し、あせってるという旨を説明しても
予約を繰り上げることはできないと言われ、電話口で固まってしまった私

すると「電話相談があります、FAXで予約してみてください」とのこと
早速、翌日の予約がとれたので、事情を説明しつつ電話で相談したところ
どちらの病院ともに同じような回答がでてきました

45歳以上の治療実績をお聞きすると
「この5年で最終的に2名が出産されました」
「当院での最高出産年齢は45歳です」
「45歳以上の妊娠・出産は一般的にもごく稀なケースだとお考えください」

う〜ん、体外受精で実績のあると評判のクリニックに通っても、
その数字とその受け答えかぁ、、、なんか頼りないなぁ
なんか「45歳以上は難しいのでねぇ来てもらっても…」的なニュアンスが漂ってるし
最後の砦てきな頼もしさを感じる事ができずでした


以上3件の訪問相談と、1件の電話相談で急ぎだした答えは
3件目のクリニックにお世話になる!ということ!
ダンナと二人で猫まっしぐら的にこちらでお世話になる事を決めました!


次は月経の4日目(3日目の聞き間違いかな?)に予約をとるぞ!



にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
よろしかったら、応援お願いします

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

すごく気に入りました♪ [クリニックさがし]

8月9日、月曜日の朝一番に予約を入れていたので
今回もダンナと一緒にもう1件のクリニックを訪問しました
この時間帯は院長の診察時間なので、期待も高まります

受付をすませてから番号札をもらいました
呼び出しをする際、受付番号で呼ばれるため
個人名を出さないようにと、プライバシーにも配慮されていました
また、待合いも間接照明の落ち着いた空間に、2人がけのソファーが放射状に配されて
患者同士の顔がはっきり見えないようにとの配慮も伺えます


受付番号を呼ばれ、簡単に施設内の説明を受けながら奥のお部屋へ
問診票をもとに看護士さんといくつかの質疑をすませてから
いよいよ院長の待つ診察のお部屋へ
ここにも二人がけのソファーがおかれて、リラックスできる雰囲気でした


いくつかの質疑の後、
やはり妻45歳&男性不妊を考慮すると顕微授精になる、
結果を出すのは難しい条件が揃っているけれど
精一杯努力しますと説明をしてもらいました

そう!この安心感が欲しかった!


ダンナさんの意見としては 
患者と同じ目線で話す演出がきちんとされていて(診察室の雰囲気など)
気持ちよく相談できたと感じたそうです

他の病院は、院長(または医師)は立派な肘掛け椅子に座ってるけど
患者はパイプ椅子(または同等の安い感じの椅子)に掛けてさせて
医者=上、患者=下 みたいな雰囲気を最初から作っていた

そういえば、そうだったなぁ〜


今回は相談だけだったので内診や血液検査などはなし
こちらでお世話になる場合は、月経3日目に予約をとのこと

リセットまであと1週間きってきた。。
早くクリニックを決めなくては!
(でも心の中では半分以上こちらに傾いていました)

* * *

今日の費用( )内はダンナ
保険(3割)810円(0円)初診料
保険外負担 5,250円(0円)相談料
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
合計 6,060円(0円)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
累計 73,340円



にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
よろしかったら、応援お願いします

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

はやくクリニックを探さなくては [クリニックさがし]

衝撃の診察の後、再びクリニック探し
携帯とメールで連絡をとりあいながら、
ダンナは会社のPCで、私はまんが喫茶のPCで
それぞれ評判が高く、実績のあるクリニックを探す事に

結果、体外受精で定評のある3つのクリニックにしぼりこみました
そのうちの1件、ダンナが気になるクリニックは2週間後の予約しかとれずでした


今度は、ダンナに最初から一緒に話を聞いてもらうようお願いしました
前回のクリニックもダンナが最初から来てたら「ここは違う」と感じたかもですし
これ以上、時間を無駄にできない年齢ということが現実問題かもです



8月9日土曜日、こちらは予約のいらないクリニックでした
今回はいきなり診察ではなく、最初に相談をさせていただきました

*前のクリニックでは相談だけでおわったら1万円の相談料だといわれ、
 気持ち的にあせって診察に進んだという経緯もあります
 こちらはとても良心的で、初診料のみでした

精液検査の結果をみせながら、院長と相談すると
やはり私たちのケースでは体外受精か顕微授精になるとのこと
丁寧に現在の二人の症状と現状を説明をしていただき、
リスクやメリットなどもきちんと理解することができました

主人の目をみながら話すことが多いと感じたのも印象的で
不妊治療は女性まかせでなはく、男性にも理解を深めてもらうためでしょうか?


こちらの治療は卵巣をやさしく刺激し、排卵は1〜2個ぐらいにおさえる方法で
毎月1回の採卵も可能な方はいらっしゃるとのことでした
また、多胎児妊娠のリスクをさけるため、移植は1つのみとのこと

ひそかに双子を望んでいた主人は少しガッカリしたようですが
そもそも、移植できる卵子が採卵できるかどうかが問題なのに
双子を望むのは贅沢というものですよね(笑)

こちらでお世話になるとすれば、
次の生理の3日目に治療を始めてゆきますとのことでした


このクリニックの印象は
・自宅に一番近い(地下鉄で2駅)→治療に通いやすい
・予約がいらない→受診しやすいが待ち時間がある
・毎日注射に通わなくてもよい(自宅でも注射はしない方法)
・リスクを回避するため、1回の採卵数が少ない
 (質よりも量だとはおっしゃってましたが、時間経過による卵子の老化が心配)
・同じフロアに赤ちゃん連れの患者さんがいた(流産した後はつらいだろうな)
・サプリや漢方などは処方しない方針のよう



複数の意見を聞いてから(あまり多いと迷うので3件ぐらい)
自分たちの希望や体調にあうクリニックを選ぶべきだな、ということでした

また、最初に不信感をもった病院で治療はうけてはいけないということ
結果がでなかったときに「あのとき…」と、後悔することになりますよね
まして45歳、次の医療機関はないものとして心して治療にあたりたいものです


さて、8月9日月曜日に、もう1件のクリニックで相談してきます

* * *

今日の費用( )内はダンナ
保険(3割)810円(0円)
保険外負担 0円(0円)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
合計 810円(0円)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
累計 67,280円


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
よろしかったら、応援お願いします

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

精液検査の結果… [クリニックさがし]

今日はダンナの精液検査&血液検査のための採血の日

精液検査をすると決まってから心なしか二人とも落ち着かない日々
検査の結果、俺が原因だったらどうしよ、など弱気な発言もありつつ
朝、自宅で採取し二人でクリニックに向かう

予約をしていたので、40分ぐらいで結果がでるとのこと
その間、30分ほど受付で待ち、採血の呼び出しがあって中待合いに呼ばれました


(これからかなり愚痴ります、ご容赦くださいね)


その後、診察室に入ると、今日は院長が笑みを浮かべながら待っていました
二人で院長の前に座り、どんな結果がでるのかとドキドキしていると

にこやかに2枚の検査結果をペラっと投げつけるように渡して
院長「ご主人は男性不妊、自然妊娠はのぞめません」
ダンナ「はい」
院長「20歳の奥さんだとしても、顕微受精をおすすめしますね」
ダンナ「…」
院長「数が少ない、奇形の精子が多い、運動率も悪いが、顕微授精なら大丈夫」
ダンナ「………」

え??男性不妊? 横をみるとショックを受けるダンナ…

院長「しかし、問題は、奥さん」
へ? やっぱり私が問題なの??????

こんなにデリカシーのない説明を受けるとは思ってなかったので放心状態の私
不妊治療というのは、メンタルな部分でもケアしてゆくものなのじゃ??


何か聞かなくちゃ、診察が終わっちゃうと焦り
私「精子の質を上げる方法はありませんか?」と質問すると
院長「ありません」とスッパリ即答、そんなぁ、、、


院長「ご主人ではなく、奥さんが問題なんですよ」と院長

私「私が問題ですか?年齢ですか?」
院長「そう、年齢がね(苦笑)」

やっぱり私???


院長「何かご質問は?」
私「サプリをいくつか摂取してて…」
 (摂取サプリをPCで写真と成分を一覧にしたものを渡すと)
院長「サプリとっても、奥さんの年齢がね」
私「はい?(へ?質問はこれからなのに…)」
院長「サプリの表示成分に法的規制はない、
   成分は規制がないから適当でよいし、サプリってメーカーは儲かるんですよ」
私「はぁ(そんなこと熱弁されても…)」

院長「他には?」
私「あの、8月末に旅行の予定がありまして(遊びじゃないって言い直さなきゃ)」
院長「は?奥さんの年齢が問題なんですよ、どちらが重要ですか?」
私「ですから打ちあ…(ピルなどで2〜3日調整できるか相談したいのに…)」
院長「45歳の体外受精は100%流産ですよ、100%!」
私「え?100%流産なんですか?」
院長「そう、当院で45歳で生まれたのは1万人治療して1人だけ」
私「1人ですか?」
院長「そう、だから、それでも旅行したいなら、来月にしましょ」
私「…」

院長「…」
私「次はいつくればいいですか?」
院長「生理がきたら先に検査はしておきましょう」

院長「体外受精説明会は参加しますか? ガンガンいいますよ、ガーンとね」
私「…(ガンガンって、いったいなにを? 100%流産って言うの?)」


気まずい雰囲気の中、診察室を出て受付へ
精算するのに30分ほど待たされるなか、だんだん気持ちが沈んできた
ダンナもイライラしてるのがわかる


病院を出る前にダンナがポツリと
「ここ違うよな、他を探した方がいいことないか?」

そうだよね、治療前にこんなイヤな気分にさせるんなら
治療中にどんなひどい表現をされるのか想像するだけで涙がでそう…
100%流産すると豪語する院長のいる病院での治療に50万円以上も払えない


受付にはすごく落ち込んだ方や心配そうに待っているご夫婦
一目に付かず、頭をかかえてうずくまっている女性、、、
皆さん、ただでさえつらいのにキツイこと言われてまで、ここで治療をしてるのかな?
それとも、私が45歳だからこんな扱いをされてるんかな?
どっちもイヤヤな。。。


二人とも、ものすっごくイヤな気持ちになって病院を後にし
「次の生理が来る前に、他の病院さがさなくちゃ」とすぐに結論をだしました


45歳と後がないだけに、後悔しないように病院を探さなくちゃ


こんな病院、どう思います?

* * *

今日の費用( )内はダンナ
保険(3割)2,260円(0円)
保険外負担 12,700円(17,400円)
サプリ  2,520円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
合計 17,480円(17,400円)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
累計 49,070円(17,400円)




にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
よろしかったら、応援お願いします

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

初めての不妊クリニック受診 [クリニックさがし]

赤ちゃんできるんかな、どうなんかな?と
もんもんとした1週間を過ごしながら、初診の予約当日がきました

16:30に予約をしたものの
受付で30分、中待合いにで20分ほど待った後、診察室へ

物腰の柔らかそうな副院長が問診票に目を通し、ごく簡単に2〜3の質問の後、
「体外受精をしても、44〜45歳の方の妊娠率は1〜2%」
「自然妊娠も体外受精も、妊娠率には差はありません、かなり少ないです」

不妊治療の実際について、まったく知識がなかった私がかなり悪いのですが
そんなにも自分が赤ちゃんから遠いところにいるとは知らず、少々放心状態

「奥さんの年齢では、一日でも早く体外受精をするべき」
「過去にタバコを吸っていた年数が長いので、卵子にもかなりのダメージがある」
「体外受精の費用は50万円を超える」

他にもいろいろ説明されたような気もしますが、
正直、あまり記憶にない(苦笑)

「○○さんどうぞ」と診察室に入ってから
「体外受精、やってみますか?」「はい、やってみます」と答えるまで、約10分少々
こんなに簡単に進むもんなんかな?と少々戸惑いつつも内診室に案内されました

エコーでは子宮筋腫はなさそうで、子宮内膜は排卵後16mmで厚みはあり、
卵巣もエコーで確認できるので、体外受精は可能でしょうとのこと

再び診察室に戻り
「ショート法でやりましょう、この後の詳しい説明は看護士から聞いてください」


え?これだけで医師の診察や説明終わり?と少々不安
目を合わすのが苦手そうな副院長にも「まかせて大丈夫なんかな?」と思ってしまう
不安を取り除くためにも、人の目をじっと見て話してくれた方がよかった…

その後、看護士さんによばれ
病院の診察時間や体外受精のスケジュールを早足に受け、
ダンナ様の血液と精液の検査を早急に受け、今度の生理がきたら予約、
点鼻薬して、自宅で注射して、採卵して、移植します
体外受精については、再来週に説明会があるから、ご主人と一緒に受けてください、云々

その後、なかば放心しながら精算し、診察が終わったのが18:30
会社終わりのダンナ様に迎えにきてもらい、車の中で診察の状況を説明すると
「体外受精しても1〜2%しかないんか?、もっと高いと思ってた」と驚き
お互いの不妊に対する知識の無さと来月45歳という年齢に少々の焦りを感じたのでした


自宅に帰り再度スケジュールを確認すると
採卵&移植の予定日に、沖縄で建築の打ち合わせの予定が入っていたよ(困)
ダンナの検査の時にスケジュールがずらせる方法があるか医師に相談してみよう


次回は来週の金曜日8月6日にダンナの血液検査&精液検査です

* * *

今日の費用(カードが使えなかった)
保険(3割)2,400円
保険外負担 29,190円
ーーーーーーーーーーー
合計 31,590円


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
よろしかったら、応援お願いします

nice!(0)  コメント(0) 
クリニックさがし ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。